風俗嬢のキャッシングについて

私は風俗嬢として夜のお仕事をしておりますが、意外と出費がかさんで生活が苦しいのでキャッシングを考えております。

 

私の周りの風俗嬢もカードローンでキャッシングをしており、業者を選べば簡単な審査で借入が可能です。
「風俗嬢はお金を稼いでいるからキャッシングの必要はないのではないか?」と考えている方は多いかもしれません。

 

しかし、デフレ化の波は風俗業界にも訪れており、お客さんからの指名がなければ8時間に渡って出勤したけれど1回も仕事がないという状況があります。

 

それに、仕事柄非常にストレスが溜まりやすく、ホストクラブに手を出す風俗嬢が多いからこそ私のようにキャッシングしなければ生活が持たないという状態になるのです。
一般的な話では、風俗嬢やキャバクラ嬢など夜の水商売はカードローンの審査に通りにくいと言われております。

 

「人気商売なので他の職種と比べて収入が安定しない」「他の仕事と比較すると世間の目が厳しい」「在籍確認が取れなくて審査を通過できない」というのが大きな理由かもしれません。

 

とは言え、毎月安定した収入があれば風俗嬢でもキャッシングは可能ですし、過去に返済事故を起こしておらず総量規制内ならば問題はないはずです。
実際に私の周りもカードローンの審査に通っておりますし、稼げる時はOLの2倍や3倍の額になることも多いため、金融機関側としてはお金を貸しやすいのではないでしょうか。

 

キャッシングを利用するに当たり、大手の消費者金融が適しており、ヤミ金とは違って法律に従って運営されているので安心感があります。

 

顧客への対応も柔軟なのが特徴で、風俗嬢やキャバクラ嬢といった夜のお仕事をしている方でも気軽に相談しやすいのです。
私の場合はカードローンの審査に通らないと苦労することはありませんでしたが、同じような仕事をしている女性は以下の点に気を配った方が良いと思いました。

 

・スコアリングでチェックされる属性の中に勤続年数があるので1つのお店で長い期間に渡って働くのがベスト
・申込書の記入欄にはお店の名前ではなく企業名を記載する
・本人がお店で働いているかどうか確認するために在籍確認が行われるので事前に源氏名でなく本名を知らせておく
・1ヶ月間の収入の多さよりも安定性が重視されるので少なくても毎月決まった収入を得る

 

現在では女性の担当者が応対するレディースキャッシングと呼ばれるサービスもあるので、不安な方は一度利用してみてください。