銀行系カードローンは金利がお得

銀行系カードローンとは、銀行が提供するカードローンです。

システムは消費者金融が提供するキャッシングと変わりません。

20歳以上で一定の収入を得ている有職者が融資の条件です。

保証人や担保不要、原則として身分証明書の提出のみで契約ができ、使途限定はなし、利用限度額の範囲で繰り返し借り入れすることが可能です。

消費者金融のキャッシングとの違いは、総量規制の制限がない、融資額が大きい、金利が低いという点でしょう。

総量規制とは、年収の3分の1までの貸付制限のことです。

つまり年収が300万円の人は100万円までの借り入れしかできないという制限ですが、銀行カードローンではこうした規制を受けることがありません。

これを踏まえ、消費者金融では1社あたり50万円以上及び全社合わせて100万円以上の借り入れになる場合は収入証明書の提出が必要ですが、銀行では1社あたり平均して200万円~300万円以上でないと収入証明書の提出は求められません。

最高融資額は平均して500万円~800万円、中には1000万円までという銀行もあります。

そして銀行系カードローンは、金利が最大の特徴でしょう。

金利は平均して年利2%~15%となっています。

法律上の最大金利は元金10万円以内は年利20%、元金10万円以上100万円以内は年利18%、元金100万円以上は年利15%です。

例えば、年利2%~15%のケースの銀行カードローンなら10万円以内の借り入れでも、100万円以内の借り入れでも年利15%までしかかからないのです。

専業主婦 カードローン 審査甘い

安心して申込みができる

お金を借りるのであれば、安心なところから借りて返済を行っていきたいものです。

けれど、どこで借りるのが良いのか分からないという方もおられるでしょう。

そのような方は、よく知らない消費者金融で契約をするよりも、大手の銀行系カードローンを利用するのが一番です。

大手の銀行というと有名なので、消費者金融を利用したことがない方でも銀行名は聞いたことがあるでしょう。

そのため安心して申し込みができますし、闇金融のような対応は一切ないのでその点でも良いでしょう。

気になっている銀行まで直接行って契約を行うこともできますが、今は家にいながらインターネットのサイトから申込みを行えます。

銀行が閉まっているような時間帯でも、インターネットからの申込みは24時間OKですので、ゆっくりと時間がある時に注意書きや規約などもしっかりと見る事ができます。

疑問があったとしても、調べていくうちに解決していくでしょう。

それでも疑問が残った場合は、サイト内のお問い合わせで聞くことも大切です。

これで大丈夫と思えたら、実際に申込みを行ってみましょう。

申込みのタイミングになりますが、銀行系のカードローンはとても早く結果を教えてくれるところが多いです。

あるところでは「最短で30分」などと書かれていますが、本当に早いと30分以内に電話がくる場合もあります。

もしすぐに電話に出られるような環境ではない時には、結果はメールで通知してもらうように頼める銀行もありますので、そのような方は頼んでみましょう。

口座がなくても使える銀行系カードローン

今までお金が急に必要になった事はありませんか。

あまりにも急すぎてお金の工面が大変だったという経験がある人もおられるでしょう。

常にお金に困らないようにしておきたくても、どうしてもそれができないこともあります。

そんな時はお金を借りることを考えなくてはなりません。

お金を借りるのならば、安心でき金利がなるべく低いところが良いと思いませんか。

だから、銀行系カードローンは多くの人に人気があるのかもしれません。

銀行系カードローンが一般的に金利が低いと言われているからこそ、利用したいと思う人が多いのでしょう。

それに、銀行だから安心感もあります。

自分が普段利用していて口座も持っている銀行ならばもちろん使えると思うでしょう。

問題は口座を持っていない人の場合です。

どこでもそうだとは言い切れないのですが、口座を持っていない人も利用できる銀行系カードローンもあります。

どうしても自分が口座を持っていないけれど利用したいときは、そのへんを確かめておきましょう。

中には、口座を作ってくださいと言われることもあります。

銀行のキャッシュカードにはカードローンの機能が付いている場合もあります。

1枚のカードでカードローンも利用できるのでとても便利です。

これなら、カードローンを利用しているかどうかも周りに気づかれにくいでしょう。

このように、それぞれの銀行系カードローンには特徴があることがわかります。

他にも様々な特徴がありますので、まずは事前に調べ、ご自身に合ったところを選ぶことが大切です。